ここから本文です

安心と安全

トレーサビリティとは

トレーサビリティとは、英語の「trace・追跡」と「ability・可能性」を合わせた言葉で、「追跡可能性」=「履歴情報管理」という意味で使われています。生産・飼育、処理・加工、流通・販売の各段階で、食品そのものとそれに付随する情報を追跡し、さかのぼって知ることができる仕組みをいいます。

 

トレーサビリティの意義と目的

■ 安全性向上への寄与
食品事故の際、迅速な原因究明や商品回収が可能になり、被害を最小限に食い止めることができます。

■ 信頼性(安心感)の向上
経路の透明性の確保や消費者と取引先・生産者等との積極的な情報交換が可能となるため、生産者と消費者の「顔の見える関係」が期待できます。

■ 業務の効率性への寄与
在庫管理などの製品管理や製品の品質管理の向上が期待できます。

 

牛肉トレーサビリティ法

'02年9月に日本初となるBSE(牛海綿状脳症)が発生したことをきっかけに、BSEの検査体制を確立するのと同時に、牛の生産履歴をきちんと管理する必要に迫られ、現在、日本で飼育されているすべての牛に10桁の個体識別番号を付し、食肉処理されるまでその番号が付いてまわる仕組みができました。

'03年6月に、いわゆる「牛肉トレーサビリティ法」が成立し、'04年12月以降に食肉処理された国産牛肉には、流通や小売り段階においても個体識別番号が表示されています。

 

安心の表示

国産牛肉を販売する小売店や焼肉・すきやき・ステーキ等を提供する飲食店では、包装紙やパックまたは店舗内に、個体識別番号(またはロット番号)を表示することが義務付けられています。

前沢牛をはじめ岩手県産牛については、下記の「いわて牛トレーサビリティシステム」で「どこで生まれ、どこの誰がどんな飼料を与えて育てた牛なのか」を確認することができます。

 
ページトップへ