ここから本文です

部位のお料理レシピ

牛肉は部位によって料理方法が異なります。ここではみなさまにおいしく 召し上がっていただくために、部位に適した料理方法をご紹介します。

ネック かたロース かた リブリース サーロイン らんぷ ひれ うちもも そともも しんたま ともばら かたばら
 
ネック
かたロース
かた
リブロース
サーロイン
らんぷ
ひれ
うちもも
そともも
しんたま
ともばら
かたばら
 

前沢牛蒸し煮(赤ワイン風味)

ヒレ肉の特徴

別名テンダーロイン。サーロインの内側に位置する細長い部分。ほとんど使われない筋肉なのできめが細かくて柔らかい肉です。たんぱく質が多く含まれています。1頭の牛から2.1~2.4%しか取れない肉質も優れた部位なので最高級品とされています。ステーキやローストビーフ、ビーフカツなどに向いています。

レシピポイント

野菜は弱火でじっくり汗をかくように炒める。
肉汁を逃さないように炒める為、焼色はまんべんなくしっかりと。
肉はすぐに切ると肉汁が出てしまうので最低でも10分は休ませる。

 
材料(5人分)

・ヒレ肉 500g
・玉ねぎ 2/1個
・人参 2/1本
・セロリ 2/1本

・バター 適量
・赤ワイン 500ml
・月桂樹の葉 1枚
・ハーブ 適量

 
作り方
肉・野菜の下処理
1.肉は塊のまま塩・胡椒しタコ糸を丁寧に巻く
2.野菜はそれぞれ薄切りにする
蒸し煮
3.肉がすっぽりと隠れるような大きさで厚手の鍋を用意し2の野菜をバターでゆっくりと炒める
4.1で巻いた肉の表面にフライパンで焼き色をつけ鍋に移す。
5.肉の上から赤ワインを注ぎ入れる。(鍋の中は野菜、月桂樹の葉、ハーブそれらの上からワイン)一度、沸騰させアルコールをとばしてからアルミ箔で蓋をする。
6.そのまま弱火で15分から20分蒸し煮する。途中、何度か裏返す。
※オーブン(200℃)を使う場合、耐熱用の器で15分くらい。
串を刺して真中がほんのりと温かい状態で取り出す。温かいところで休ませ、余熱でじんわりと火を通す。
7.煮汁をこして煮詰め、バターを加えソースとする。
盛り付け
8.肉を適当な厚さに切りソースをかける。
ページトップへ